スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訪問活動再開 600キロの旅

昨年9月以来の
訪問音楽療法に行ってきました
 
福島県広野町の光洋愛成園
(Jビレッジのある町)

久しぶりの投稿なので
簡単に説明しますと

知的障害者の入所施設で
震災前は
福島県富岡町にあった施設です
 
原発事故により
まず県内の三春町へ避難
落ち着ける場所を求めて
そこからさらに
群馬県高崎市へと
彼らは
施設丸ごと避難生活を余儀なくされました
  

富岡町というのは
 避難指示解除準備区域(平成29年4月1日解除)
 居住制限区域(平成29年4月1日解除)
 帰還困難区域
という状況を抱える地域です
 
 
私たちが訪問活動を始めたのは
高崎市内にある国立施設敷地内へ避難を始めた頃
2011年の11月ですから
今から6年近く前のことです
 
 
言葉も気候も違う土地で
職員さんも利用者さんも
家族と離れ離れになり
手探りの生活を続けていました
 
 
私たちが
ふとしたご縁から出会った施設でした
 

170709発散〜
 
当初から
継続的な活動を決意していた私たちは
数ヶ月に一度の頻度で
高崎へ通い続けました
 
 
もとから音楽の好きな彼らは
すぐに反応してくれましたが
数十分のセッションで
30名あまりのメンバー全員と
深く関わっていくのには
時間が必要です

 
回数を重ねるごとに
彼らはわたしたちを受け入れ
思い思いの関わり方を
示してくれるようになりました
 
 
はぁ〜満喫中


ご家族と職員のみなさんの努力の末
福島県広野町に
あらたに土地を取得し
施設を新築
移住したのは去年の春でした
 
移住までの1年あまり
職員さんもメンバーも
もうすぐ行くんだ
もうすぐだ!
と県内へ戻れることに
わくわくしていました
 
ですから
「ようやく帰れるのは
嬉しいことですね」
と声をかけたところ
 
「帰れませんよ!」
とにわかに厳しい顔をした
職員さんのコメントに
ハッとさせられました
 
 
どんなに近くであろうと
県内であろうと
そこは
”帰る”のではなく
”行く”ところなのでした
 
ただ
少しでも
家族の住む町に近くなることで
一緒に住めるようになったり
会いに行き来することが
できるようになる
というだけのこと
 
 
腹立たしさと
あきらめと
さまざまな感情が
交錯していることを
改めて知ることになりました

 
待ってた〜
 
それでも
移住までの数ヶ月は
本当にワクワクとしていた
彼らでした
 
 
ですから
引っ越しは
彼らの次善の到達点であり
わたしたちのサポートの
終了を意味する
と思っていたのです
 
 
けれども
昨年ご連絡をいただいて
ぜひ来て欲しい と
 

訪ねてみると
そこには
あらたな困難が
生まれていることを知りました
 
 
不特定の人が出入りする
治安の悪さ
人口の少なさからくる
職員数の不足
 
 
利用者さんたちが
新しい環境になじむまでの
障害ゆえの困難さ
 
 
遠方そして人口の少なさによる
ボランティア訪問者の激減
 
 
町の規模の違いからくる
余暇活動の選択範囲の減少etc.
 
 
さまざまな理由が重なって
彼らは刺激の少なさに
耐える暮らしをしていました
 
 
そこで
職員さんたちに
熱望されたのが
わたしたちの活動でした
 
 
遠くて申し訳ないんですけど・・・
そういいながらも
セッションをリクエストしていただいた
そのわけは
 
 
こんなに繰り返し訪ねて
彼らを理解し
活き活きとさせてくれる人はいない
 
ということでした
 
 
うつむいたままだったり
激しく動き回ったり
発音が不明瞭だったり
奇声を発したり


いわゆる障害としては重度と認定される
ひとりひとり
違う特性の彼らは
 
その知識や経験がない人からは

・どう接していいかわからない
・反応がない
 
と思われてしまうことが多いのです
 
 
そのため
職員さんは
ボランティアさんにとても気を遣います

 
 
私たちは
障害への知識と理解を以って
セッションを行っていますので
 
うつむいている姿勢の中にも
表情がニコっとなったり
からだをゆらしてリズムに乗っている
ことを見逃しません
 
 
奇声を発していることは
喜びの表現な人もいる
と思って
全身の表現を観察して
受け取るようにしています
 
 
袖をめくって
と言ってくる彼は
親愛、甘えの表現をしているのだ
という理解をしてコミュニケートします
 
 
そんなわたしたちを
職員さんは
 
おふたりが来てくださると
利用者さんたちを
誤解しないので
本当に安心で
嬉しいし
自分たちも心から楽しんでます
 
 
とおっしゃいます
 
 
そして昨日の
セッションでは
メンバーのみなさん
さらにリラックスして
ちょっとわがまま
ちょっと毒舌
リクエストも続出するという
より主体的なセッションになりました


セッション後
職員さんと
振り返りの打ち合わせをしていますと
 
 
いやー
あんなに楽しそうに
しているのは
久しぶりでした
 
 
としみじみおっしゃるのです
今日の全員集合
 
 
つまり
それほど
移住してからの生活では
刺激となることが
少ないことを意味します
 
 
セッションが
意味あるものであったことは
嬉しいのですが
高崎での避難生活に比べて
人との交流
文化的刺激が
減ってしまった現実に
心が痛みました
 
 
どうしたら
より彼らが幸せに暮らせるのか
わたしたちができる貢献は
どんな方法があるだろうか
 
 
そんなことを
考えるようになった訪問でした
 
そして
小さなアイデアが
浮かび始めています
 

一人の力は小さい
でも無力じゃない
1回の活動はささやか
でも無駄じゃない 
 
 
だから
できることを
できるときに
こつこつと
 
 
音楽の持つやさしさにつつまれて
場を創る
お金を創る
機会を創る
 
その時々の
できることを
積み重ねていこうと思います
広野の愛成園
スポンサーサイト

訪問活動  追いかけて… 600キロの旅

4月の終わりに地元福島県の
新天地へと旅立った
富岡町の光洋愛成園
 
  一度来てくださいね
 
  一度は会いに行きますね
 
そんな約束をして別れた私たちでしたので
その後どうしているだろう
と気になって
会いに行ってきました
 
 
広野町はいわき市のお隣り
高速道路のインターチェンジを降りて
10分ほどのところに彼らの施設はありました
 
 
広い敷地に通路で繋がった平屋建ての建物
明るい壁色にたっぷりの採光
現在の国の定める基準により
ゆったりとした個室に住んでいるそうです

高崎の仮住まいではそんなことも言っていられず
共同スペースにいる生活でしたので
それはそれで半年近くたっても
まだなんとなく不慣れなところがあるようです
 
 
セッションをした部屋もまた
普段毎日使っている空間ではないそうで
どこか落ち着かない顔の方もいらっしゃいます
 
 
それでも歌を歌い
顔を合わせ
楽器を叩き   しているうちに

「あぁ、あの活動か!」と思い出して下さったようで
声をかけてくださる方も現れました

広野セッション1

みなさん変わらずお元気な表情に会えて
再会の喜びがありました

0928集合写真


 
サポートスタッフや余暇活動のバリエーションなどは
まだまだ課題があるようで 
職員のみなさんからは
大歓迎していただきました
 
 
埼玉から広野町は300キロ
往復600キロ、7時間の旅でした

もう少し近ければ。。。
そんなため息をつきつつ
次の訪問をひそかに計画しているリーダーでした

広野の愛成園

5年間の軌跡 番外編 訪問活動3月 

瞬間で終わらない
続けられる支援をしよう

そう考えた活動のひとつでした

不定期ではありましたが
5年の間に15回
彼らに会いに高崎山へ上りました

5年前、福島県の浜通り 富岡町から
施設ごと避難してきた障害者支援施設 光洋愛成園

高崎ラスト1

私たちはその日その気分、その体調で
そのまま向き合い
音のコミュニケーションを通して
お互いを知り合ってきました

IMG_2056s2.jpg

社交的な人
内向的な人
あまえんぼうさん
おせっかいさん
ヤルキマンマン
悲しみにひたる

次第にいろんな顔を
思い切り見せてくれるようになりました

当初、職員さんたちに
すまなそうに言われていたものです

『すみません 盛り上がりに欠ける反応で』
『全員やらなくてすみません』などなど




その度尋ねました

普段の様子と比べていかがでしたか?

『○○さんは普段だと音楽が好きじゃないというか
落ち着いて座っていられないんです。
だけど今日は落ち着いて座っていられたし
結構いい顔してました』

『○○さんは楽しいとか嬉しいとか
そんな気持ちが高まってしまうと
じっとしていられなくて部屋をうろうろ歩き回ってしまうんです』

それって十分楽しんでくれているということですよね?
私たちもそういう気持ちをちゃんと感じていますし
表情があまりない方も体でリズムをとっていたり
顔をあげてはいないけれど
うつむいたままでニコッとしているのを
わかっていますよ
十分楽しんでくれているし
反応を返してくれていると思っています

そうお伝えすると
職員さんは安心なさるのでした

さまざまなボランティアが来てくれるのだと
教えてくれました

メンバーのみなさんの特徴を
あまりご存じない方に
困惑されたり
がっかりされたり
・・・そういうことへの気遣いを
職員さんはなさっていました

IMG_2064s_201603140410029ee.jpg

けれど
私たちへの気遣いは要らないと
次第に理解してくださり
セッション中は完全に私たちに委ねてくださるようになりました

私たちが来る日は
「メンバーも楽しそうだしお任せできるし、結構ラク」と
思ってくださるまでになりました

そしてメンバーのみなさんはというと
何人もの人がリクエストをしてくださるようになり
体中で乗っちゃおう!と誘いかけると
立ち上がって輪の中心にきたり
歩き回ったりと思い思いの格好や動きで
共に音楽を味わうようになりました

演奏している私に向かって
「いいねぇ!」とばかりに
笑顔を向けてくれる人もいれば
「おれも弾く」
と言ってキーボードを触ったり
隣に座りこんで話しかけ続けたりと
楽器や演奏者を気に入ってくださる方もありました

明日もくる?
明後日は?
と聞いてくれる人も現れました


帰りを見送ってくれる人
握手してくれる人
ハグしてくれる人
寂しくなって泣いてくれる人

たくさん たくさん
やりとりが生まれました

IMG_2077s_2016031404355521f.jpg

5年前にお会いしたきり
シフトの都合で
なかなか会えずにいた職員さんと
今回ご一緒しました


久しぶりにご覧になっていかがでしたか?

「いやぁ職員からいろいろ聞いてはいたんですが
ほんとにみんな楽しそうでした
これだけ繰り返し来てくれる人は他にいないんですけど
それだけに
引っ込み思案で
だけど輪に入りたい人
引っぱりだしてほしい人に
きっかけを与えてくれて
満足させてくれたりと
メンバーの性格や特徴を理解して対応してもらって
それぞれに楽しめていることがよくわかりました」

IMG_2085.jpg


回を重ねるごとに
場がやわらかく あたたかくなり
動きが思い思いに活発になり
団らんのような時間となっていきました

私たちは
彼らに
多少なりとも
貢献することができたのだろう
そう感じることができました


来月
彼らは新しく建設した
福島県広野町の施設へと引っ越します



福島「光洋愛成園」の高崎避難生活、5月に終了





遠く離れていたご家族と
会いやすい距離での再スタートです

5年という月日は
老い、成長、定着、離れる
さまざまな変化をもたらしています

メンバーは変わらないけれど
運営としては
まったくゼロからのスタートなんです

職員さんのおっしゃった意味は
今の私たちにはきっと10%ほどしか理解できていないのでしょう
どれほどの緊張と困難があるのでしょう

けれど
可能性が
未来が
困難さを補ってくれることでしょう

桜の美しい
海の豊かな
人懐こい富岡町を
彼らは心に留め置きながら
再出発です

心からのエールを送り

いつの日か
新天地での
再会を約束して

高崎山でのセッションを完了しました

旅立ちへ

年に数回、訪ねている施設

順調に移転の準備が進んでいる

以前、「戻る見通しがたってよかったですね」
とスタッフに申し上げたことがある

「戻れませんよ!」

吐き出すように返ってきた


せめて県内に帰れたら
そう慮ってのことだったけれど

それは理屈の上でしかない

5年の歳月は
若者を人の親にする

幼児は小学生になる

さらさらと流れゆく時は
出会いと別れを
心の折り合いを
促していく


旅立ちに胸を躍らせて
早すぎる荷造りをするメンバーたち

多忙と困難を抱えながら
奮闘するスタッフの方々

私たちに残された彼らとの時間を
精いっぱい楽しく
音楽したい


yomiuri20160303_3.png


番外編 訪問活動2月

2016年最初の訪問

福島県富岡町から高崎市内へ施設まるごと避難している
光洋愛成園のみなさんとのセッション




この時期はインフルエンザなどの感染症の発生と
それによる訪問そのものの中止が心配されるのですが
みなさんすこぶる元気!

今回も待ちわびていてくれました

建物に入った途端に声を掛けてもらうのって
本当にうれしいものです

IMG_8865s.jpg

いつものボンゴ即興も
わくわくがどんどん増幅していくのがわかります

中にはモノで叩いてまわりを大爆笑させちゃった奏法も!

IMG_8874s.jpg

今回は装備にいろいろアクシデントもありましたが
それでもテンションMAXで臨むわたしたち

IMG_8840s.jpg

広野町の施設は着々と仕上がりつつあり
高崎でのセッションも終わりの気配が漂います

会える間は精いっぱい
楽しくミュージックしましょう!
IMG_8910s.jpg
sidetitleプロフィールsidetitle

ccr secretariat

Author:ccr secretariat
ようこそ。CCRブログへ。
小さい規模でもコツコツ続けていこうというコンサートを始めました。
お問合せメールはccr_sryあっとyahoo.co.jpまでお送りください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。