スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支援先の変遷

支援先であるセンターふくしまは
資金的なことなどの事情により5月に解散いたしました

避難している方々の状況は依然変わっておりませんので
各施設が連携する方法を探っているところのようです

情勢を見越した受け皿体勢を作っていたのが
サロンしんせい の法人化です

特定非営利活動法人しんせい

としてリニューアルしたとのことです

窓口の方と連絡をとりながら
状況を追っていきたいと思います

詳しい報告は下記よりお読みください
センターふくしまからの報告
スポンサーサイト

都内のイベントに登場 12月16日

震災から5年
東京で現地の情報を入手するのは難しくなってきました。

でもまだまだこれからです。

そしてゆるゆると立ち上がっているプロジェクト
本格的なお菓子ぽるぽろんを創る活動があります。

冬季限定のこのお菓子
繊細でやさしくて
魔法を唱えたくなります

その創り手の想いを
ぜひ聴きにいらしてください

トークイベント・弱みを強みにかえる仕事づくり-福島の障がい者たちの挑戦-

2015年12月16日(水)午後3時00分―午後5時00分

会場
アーツ千代田 3331 1階コミュニティスペース
(東京都千代田区外神田6丁目11-14)
東京メトロ銀座線末広町駅4番出口より徒歩1分
東京メトロ千代田線湯島駅6番出口より徒歩3分

http://www.aarjapan.gr.jp/join/event/2015/1216_1921.html

ぽるぽろん1216

お菓子販売

支援先のJDF被災地障害者センターふくしまが支援している事業の一つ
サロンしんせいのお菓子製作販売がまもなく始まる。

20150811fukushima mimpo

センターふくしまのスタッフから送っていただいた地元の掲載紙。

手間暇かけたお菓子。
受け取ったときの楽しさはそのおかげなのでしょう。
ぜひ一度お取り寄せしてみてくださいね。

Polvoron 唱えて招く幸福

先日、寄付金をお送りしたところ
JDF被災地障害者センターふくしまから
お菓子が届きました。
Polvoron box

10月1日から冬季限定で販売されるお菓子
Polvoron

Polvoron cookies


スペインのクリスマスシーズンにはかかせない
お祝いのお菓子だそうです。

なぜ冬季限定かというと・・・
繊細なので暑いとくずれてしまうのだそうです。

小麦粉を煎って作られているんですって。
食品企業の技術研修を受けて
実現した本気のお菓子。

なんと口に含んで
ぽるぼろん
ぽるぼろん
ぽるぼろん

と溶ける前に3回唱えると
願いがかなうそうです。

力強い福島に再生していくために
全力で楽しい未来を描く

そんな信念を持って活動している人たちを
応援できたらと思います。

インターネットではまとめ買い
少数ならFAXで
手に入れることができます。

ぽるぼろん表
注文票


ぽるぼろんプロジェクト

スタッフよりメッセージ

先日のチャリティーでの志金を送金したところ
JDF被災地障害者支援センターふくしま
スタッフの富永さんよりメッセージをいただきました。

ご寄附、ありがとうございます。
避難の続く障がい者のために大切に使わせていただきます。
みなさまにもよろしくお伝えくださいませ。


センターと同じ郡山で活動している
”しんせい” では
10月発売開始にむけて
お菓子の製作準備に忙しいようです。

夏には食べられない繊細なお菓子。。。
興味津々です。
sidetitleプロフィールsidetitle

ccr secretariat

Author:ccr secretariat
ようこそ。CCRブログへ。
小さい規模でもコツコツ続けていこうというコンサートを始めました。
お問合せメールはccr_sryあっとyahoo.co.jpまでお送りください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。