スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1回が終了しました

昨日、東松山市でのコンサートが終了しました。
心配されたお天気もうっすらと晴れ間が覗き、天も応援してくれたかのようです。
会場は決して交通の便が良いとは言えない場所。
わざわざお集まりくださった100名のお客様は、
被災地や人々へのひとかたならぬ想いをお持ちの方々ばかり。
中にはバスを乗り継いで2時間も前に駆けつけてくださったお客様もいらっしゃいました。
そうしてお集まりの客席は、ステージに立ってみるとなんとあたたかかったことか。。。

被災地での活動報告をした鈴木さんをあたたかく包み、励ましてくださるかのようでした。

私たちが何より嬉しかったことの一つは、市内に避難してこられた方がご来場くださったこと。
来てよかったと声をかけてくださいました。
まちカフェで腕を振るわれているMさん、優しいまなざしにまたお目にかかりたいと思いました。

また「(福島のために)コンサートをしてくれてありがとう」と声をかけてくださる方もいらっしゃいました。
ご出身の方なのでしょう。
沢山のあたたかさに触れて、私たちも胸が熱くなりました。

ようやく走り出した私たち。
まだリレーの道のりは遠くて先が見えません。
あまり先を見ないで、まずは一歩一歩を丁寧に走りたいと思います。

一枚一枚チラシを配り、目的を伝え、チケットを売ってくださった多くの皆様に、
無事に会を実現できたことを心から感謝いたします。

そして想いを受けてお集まりくださったみなさま、
ひとときをご一緒くださり本当にありがとうございました。

支援金の収集状況は、近日中にご報告いたします。

まずは御礼まで。  出演者一同
スポンサーサイト

スーパーマンと出会う

東松山のスーパーマンに会ってきました。
風貌は柔和で親近感のあるおじさんです。

けれどもひとたび話し出すと、とまらないとまらない。。。

もともと街づくり、街おこしの活動をなさっていて
「人」への想いが強い方です。
そこへこの震災。

長丁場の支援を続けていけるだけの等身大のターゲット。
点でも線でもなく、面や立体につながるような伏線を持った人的心的支援。
様々な活動から身につけた戦略的な活動ぶり、圧倒されました。

同席したsさんは同志ここにあり、と言った嬉しそうなアツいトークを展開。

私ともう一人同席のyuさんは、想いはあるけれど
そんな弾丸トークついていけないよぅ。
もうすこし時間をかけてじっくり話したいよぅ。

・・・じっとラリーをみつめていたのでした。

そんなスーパーマンが、私たちの活動にも意味があると
背中を押してくれます。

ちっぽけな私、
ささやかな企画、
現地に行けない負い目

いろんな忸怩たる思いをひきずる私に
アートにはアートの力が、役目がある
と力強く言ってくださいました。

人から言われると勇気が湧くものです。

勇気りんりん!
当日に向けて準備にいそしもう。 y

チラシ発見!

名細チラシ1
カントリー風の素敵なお庭の一角。
イーゼルにさりげなく置かれているのは・・・名細市民センターで開催のコンサートチラシです!!!
なんてカワイイ♪
応援してくださっている「る・ここん」のみなさんのお取り計らいです。 s

6月19日は高坂で

さて、チャリティー・コンサート・リレーのスタートは
高坂から始まることになりました。

2011年6月19日(日)14:30開演
東松山市高坂市民活動センター

後援:東松山市社会福祉協議会

最近、東松山で八面六臂の活躍をしている
スーパーマンとご縁ができました。
このスーパーマンが私たちの活動に興味を持ってくださっているとのこと。
なんだか嬉しくなってきました

いつも人を通じてのやりとりなのですが
近いうちにお会いできる予定です。
わたしたちも東松山で息長い活動ができたら良いなあと思っています。 y

2週間前ともなると

演奏以外の当日準備もいろいろ始まっています。
支援先のこと、仲間の活動などを紹介するパネルを作ろう

・・・と思いたったは良いものの、
ポスターのようなしっかりしたサイズのものって、
作るの結構気合が要りますね。

ホームセンターに行ったり印刷屋さんに行ったり。
普段探さないものを探すのって驚きや発見の出来事です。

みなさんに読んでいただけるポスターパネル、
考え考えつくっています。 y
sidetitleプロフィールsidetitle

ccr secretariat

Author:ccr secretariat
ようこそ。CCRブログへ。
2011年、小さい規模でもコツコツ続けていこうというコンサートと音楽療法活動を始めました。


コンサート活動は
・集った方々と音楽を通した人との「つながり」を感じること

・被災地(団体など)の状況を直接仕入れた情報を元に「伝える」こと
そして
・収益を被災地(団体など)支援につかうこと
を目的として行います。


また、音楽療法活動は
・被災地(団体など)と継続的に「つながり」

私たちをはじめとする他の地域の人々が
・被災と復興について忘れていないことを行動を通して「伝える」

を大切にしています。



メンバーは
発起人の呼びかけに共感して行動を共にしてくれる
との時々の音楽関係者。


ゴールはある程度の見通しが立つこと。
年月を経ることで
関係性に区切りがつくこと。



お問合せメールはccr_sry@yahoo.co.jpまでお送りください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。