スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お菓子販売

支援先のJDF被災地障害者センターふくしまが支援している事業の一つ
サロンしんせいのお菓子製作販売がまもなく始まる。

20150811fukushima mimpo

センターふくしまのスタッフから送っていただいた地元の掲載紙。

手間暇かけたお菓子。
受け取ったときの楽しさはそのおかげなのでしょう。
ぜひ一度お取り寄せしてみてくださいね。
スポンサーサイト

Polvoron 唱えて招く幸福

先日、寄付金をお送りしたところ
JDF被災地障害者センターふくしまから
お菓子が届きました。
Polvoron box

10月1日から冬季限定で販売されるお菓子
Polvoron

Polvoron cookies


スペインのクリスマスシーズンにはかかせない
お祝いのお菓子だそうです。

なぜ冬季限定かというと・・・
繊細なので暑いとくずれてしまうのだそうです。

小麦粉を煎って作られているんですって。
食品企業の技術研修を受けて
実現した本気のお菓子。

なんと口に含んで
ぽるぼろん
ぽるぼろん
ぽるぼろん

と溶ける前に3回唱えると
願いがかなうそうです。

力強い福島に再生していくために
全力で楽しい未来を描く

そんな信念を持って活動している人たちを
応援できたらと思います。

インターネットではまとめ買い
少数ならFAXで
手に入れることができます。

ぽるぼろん表
注文票


ぽるぼろんプロジェクト

スタッフよりメッセージ

先日のチャリティーでの志金を送金したところ
JDF被災地障害者支援センターふくしま
スタッフの富永さんよりメッセージをいただきました。

ご寄附、ありがとうございます。
避難の続く障がい者のために大切に使わせていただきます。
みなさまにもよろしくお伝えくださいませ。


センターと同じ郡山で活動している
”しんせい” では
10月発売開始にむけて
お菓子の製作準備に忙しいようです。

夏には食べられない繊細なお菓子。。。
興味津々です。

新聞掲載 光洋愛成園 福島県内へ帰郷

先日の訪問でスタッフとのおしゃべりしていたところ

「利用者のみんなは工事が順調と聞いて
引っ越しを今か今かと指折り数えて待っている」
とのエピソードを伺いました。

予定通りにいっても年度末までには完成させたい
という程度の時間がかかるのですが、
彼らはもう待ちきれないのでしょう。

その気持ち、よくわかります。
そのこともあって、今回の活動は
ワクワクするエネルギーが高かったのかもしれません。



障害者施設 福島へ帰る 来春「故郷で暮らしたい」
読売新聞
2015年9月3日

再スタート 職員募集

 東京電力福島第一原発事故で、福島県富岡町から群馬県高崎市へ避難している
障害者支援施設「光洋愛成園」が来年3月、5年ぶりに福島県内へ帰郷することになった。
運営団体は富岡町から南へ約15キロ離れた広野町に新施設を建設中で、
再スタートに向けて職員を募集している。

 園の利用者は知的障害者を中心とする68人。
原発事故後、職員とともに避難し、
2011年4月からは高崎市の国立重度知的障害者総合施設
「のぞみの園」に身を寄せている。

 利用者やその家族には「故郷で暮らしたい」と望む人が多いが、
旧施設は第一原発から約10キロしか離れておらず、
現在は居住制限区域内にある。

このため、制限がかかっていない広野町を移転先とし、
国の補助金を含めた約20億円で、
約2万5000平方メートルの敷地に
光洋愛成園と関連の通所施設など計7棟を建てる。

 ただ、園を運営する社会福祉法人「友愛会」が今年3月、
福祉職員29人の意向を聞いたところ、
3分の2が「(新施設へは)行かない」か「不明」と回答した。

子供への放射線の影響を心配し、
高崎市周辺で新たな職場を探すという声が目立ったという。

 新施設で国の基準を満たすには最低でも
36人の福祉職員を確保しなければならない。
充実した支援を行うには46人が必要という。


国は現在、被災地の特例で基準を緩和しているため、
36人未満でも運営できるが、特例措置終了後は、
基準を満たすことが求められる。


 友愛会は全国から職員を募集している。
寺島利文施設長は「やる気のある人なら誰でも採用したい。
通信教育で社会福祉士などの資格を取れるよう支援する」と話している。
問い合わせは、光洋愛成園(027・386・6030)へ。


読売新聞掲載記事 愛成園20150903

番外編 訪問活動9月

5月以来の訪問となりました。
高崎はすっかり秋めいていて
移動の車中はまったりとしていたのですが

みんなの居る建物に入った途端
(^○^) \(◎o◎)/! ヽ(^o^)丿
みんなのワクワクした気持ちに圧倒されました。

こんなに待っていてくれて、
一緒に音楽ができるのもあと何回でしょう。
福島県広野町での施設の移転建設工事は順調に進んでいるようです。

今、この時を大切に
跳ねて踊ったセッションでした。

・・・みんなパワフル~!

20150906_1.jpg

20150906_2.jpg

IMG_1346.jpg



送金のご報告


先日8月29日に所沢で行ったライブの収支が確定しました。
そこで経費を除いた金額を

被災地障がい者支援センターふくしま

 へお届けしましたのでご報告いたします。

-------------------------

被災地障がい者支援センター ふくしま 御中

金70,791円を貴団体活動支援金としてお送りいたします。

2015年8月29日東日本大震災チャリティーライブin所沢vol.5
来場者および出演者一同より(於:埼玉県所沢市)

DSCF4105_1_1.jpg
sidetitleプロフィールsidetitle

ccr secretariat

Author:ccr secretariat
ようこそ。CCRブログへ。
小さい規模でもコツコツ続けていこうというコンサートを始めました。
お問合せメールはccr_sryあっとyahoo.co.jpまでお送りください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。