訪問活動  追いかけて… 600キロの旅

4月の終わりに地元福島県の
新天地へと旅立った
富岡町の光洋愛成園
 
  一度来てくださいね
 
  一度は会いに行きますね
 
そんな約束をして別れた私たちでしたので
その後どうしているだろう
と気になって
会いに行ってきました
 
 
広野町はいわき市のお隣り
高速道路のインターチェンジを降りて
10分ほどのところに彼らの施設はありました
 
 
広い敷地に通路で繋がった平屋建ての建物
明るい壁色にたっぷりの採光
現在の国の定める基準により
ゆったりとした個室に住んでいるそうです

高崎の仮住まいではそんなことも言っていられず
共同スペースにいる生活でしたので
それはそれで半年近くたっても
まだなんとなく不慣れなところがあるようです
 
 
セッションをした部屋もまた
普段毎日使っている空間ではないそうで
どこか落ち着かない顔の方もいらっしゃいます
 
 
それでも歌を歌い
顔を合わせ
楽器を叩き   しているうちに

「あぁ、あの活動か!」と思い出して下さったようで
声をかけてくださる方も現れました

広野セッション1

みなさん変わらずお元気な表情に会えて
再会の喜びがありました

0928集合写真


 
サポートスタッフや余暇活動のバリエーションなどは
まだまだ課題があるようで 
職員のみなさんからは
大歓迎していただきました
 
 
埼玉から広野町は300キロ
往復600キロ、7時間の旅でした

もう少し近ければ。。。
そんなため息をつきつつ
次の訪問をひそかに計画しているリーダーでした

広野の愛成園

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ccr secretariat

Author:ccr secretariat
ようこそ。CCRブログへ。
2011年、小さい規模でもコツコツ続けていこうというコンサートと音楽療法活動を始めました。


コンサート活動は
・集った方々と音楽を通した人との「つながり」を感じること

・被災地(団体など)の状況を直接仕入れた情報を元に「伝える」こと
そして
・収益を被災地(団体など)支援につかうこと
を目的として行います。


また、音楽療法活動は
・被災地(団体など)と継続的に「つながり」

私たちをはじめとする他の地域の人々が
・被災と復興について忘れていないことを行動を通して「伝える」

を大切にしています。



メンバーは
発起人の呼びかけに共感して行動を共にしてくれる
との時々の音楽関係者。


ゴールはある程度の見通しが立つこと。
年月を経ることで
関係性に区切りがつくこと。



お問合せメールはccr_sryあっとyahoo.co.jpまでお送りください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR