FC2ブログ

訪問活動

7月に続いて往復600キロの日帰り訪問活動を行ってきました
 
ボンゴわくわく


福島県広野町にある
障害者支援施設
光洋愛成園


震災の年
群馬県高崎市での出会いから7年目を迎えます
 
福島県内に施設を再建
定住して1年半をすぎ
メンバーのみなさんも
落ち着いてきたように感じられました
 
 

事情があって
いつもとは違う
午後の時間に活動を行いました
 
 
入浴
そして食事をとって
やわらかな日差しの差し込む時間
 
入浴に体力を使い
けだるさを感じる時間ですので
ソファーに深々と身を沈めて
動かない人や
 
椅子にすわったまま
目を閉じている人もいらっしゃいました
 
 
けれども
わたしたちの訪問を
心待ちにしてくれている人も多く
 
 
部屋へ入ると
駆け寄ってきて
「きたね!」「きたね!」
と握手を求めてきたり
 
楽器その他の設置準備を手伝おうと 
集まってくれたり
 
 
彼らの
わくわくする気持ちが
伝わってきます
 
訪問セッション20171125
 
流れるようなメロディ
体を動かしたくなるようなリズム
 
感情をより出したくなるような楽器
色彩
感触
 
さまざまな方法で
彼らとコンタクトしていきます
 
思い思いの参加姿勢
 
初めてお会いするメンバーも
終わる頃には
リラックスした表情で
わたしたちの近くにいてくれました
 
キーボードとわたし
 
「明日は?」
と次を期待されたり
まだまだ歌い続けていたり
からだをゆすっていたり
 
 
余韻さめやらぬ中
恒例の写真を撮って
握手やハイタッチで
またね
を交わす
 
 
回を重ねるごとに 
彼らと
わたしたちの
間に起こる感情が
深まっているのを
感じるひとときです
 
集合写真20171125

また来年!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ccr secretariat

Author:ccr secretariat
ようこそ。CCRブログへ。
2011年、小さい規模でもコツコツ続けていこうというコンサートと音楽療法活動を始めました。


コンサート活動は
・集った方々と音楽を通した人との「つながり」を感じること

・被災地(団体など)の状況を直接仕入れた情報を元に「伝える」こと
そして
・収益を被災地(団体など)支援につかうこと
を目的として行います。


また、音楽療法活動は
・被災地(団体など)と継続的に「つながり」

私たちをはじめとする他の地域の人々が
・被災と復興について忘れていないことを行動を通して「伝える」

を大切にしています。



メンバーは
発起人の呼びかけに共感して行動を共にしてくれる
との時々の音楽関係者。


ゴールはある程度の見通しが立つこと。
年月を経ることで
関係性に区切りがつくこと。



お問合せメールはccr_sry@yahoo.co.jpまでお送りください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR