行ってきました! 『ふたば製作所がやってきた!「つながりのかばん28」』展

JDF被災地障がい者支援センターふくしまの活動のひとつ、
居場所づくりとして始まった「サロンしんせい」。
被災、避難生活も長期化し、利用者さんの中から
「自分たちも何かを作って活動したい」という声が上がってきたのだそうです。

そこから何ができるかをみなさんで考え、
生まれたのが「つながりかばん28」

28?

にじゅうはち・・・ではなくて「ふたば」って読みます。
サロンの利用者さんは双葉郡から避難してきているのです。

さて、かばんというとどんなものか?

こちらです。
つながりかばん28

写真ではよくわからないと思いますが、
封筒の再利用をふんだんに使って作られています。

かばんの詳細はコチラ

で、実物が見てみたい、触ってみたいなぁと思っていたところ、
東京で3日間展示するという情報を入手。
台風の日でしたが、行ってきました。

会場の雰囲気
ギャラリー入口の光景

協力団体の製品と一緒にディスプレイ
ディスプレイ1
ディスプレイ2

あたたかい雰囲気が伝わるでしょうか?

訪ねた日は、製作者のみなさんが郡山から車でかけつけるとのことでしたが、
タイミングが合わずお会いできませんでした。
みなさんの手書きの「28」をつけた一点もののかばん。
手に入れたのは言うまでもありません(^o^)丿

郡山のサロンスタッフ、富永さんに
「東京のどこかで実際の製品も置いてもらえたら良いですね」とつぶやいたところ、
検討してみます、とのことでした。

そのほかの製品にも出会いましたので、それはまた後ほど。

アーツ千代田表
アーツ千代田裏
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

ccr secretariat

Author:ccr secretariat
ようこそ。CCRブログへ。
2011年、小さい規模でもコツコツ続けていこうというコンサートと音楽療法活動を始めました。


コンサート活動は
・集った方々と音楽を通した人との「つながり」を感じること

・被災地(団体など)の状況を直接仕入れた情報を元に「伝える」こと
そして
・収益を被災地(団体など)支援につかうこと
を目的として行います。


また、音楽療法活動は
・被災地(団体など)と継続的に「つながり」

私たちをはじめとする他の地域の人々が
・被災と復興について忘れていないことを行動を通して「伝える」

を大切にしています。



メンバーは
発起人の呼びかけに共感して行動を共にしてくれる
との時々の音楽関係者。


ゴールはある程度の見通しが立つこと。
年月を経ることで
関係性に区切りがつくこと。



お問合せメールはccr_sryあっとyahoo.co.jpまでお送りください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR